# Memcached管理

TelnetまたはNetcat(nc)を介して、Memcachedのデータを効率的に管理できます。以下は一般的なMemcached操作のいくつかです:

# Memcachedサービスへの接続

ServBayのコマンドラインツールをインストールしていることを確認してください。詳細なインストール手順については、コマンドラインサポートのドキュメンテーションを参照してください。

ローカルのMemcachedサービスに接続します:

# Telnetを使用してローカルのMemcachedサービスに接続
telnet localhost 11211
1
2

またはnc(netcat)を使用します:

# ncを使用してローカルのMemcachedサービスに接続
nc localhost 11211
1
2
  • Memcachedのステータスを表示

Memcachedサービスのステータス情報を表示します:

# ステータスの表示
stats
1
2
  • キーと値のペアを追加

Memcachedサービスにキーと値のペアを追加します:

# キーと値のペアを追加
set my_key 0 0 10
my_value
1
2
3
  • キーと値のペアを取得

Memcachedサービスからキーと値のペアを取得します:

# キーと値のペアを取得
get my_key
1
2
  • キーと値のペアを削除

Memcachedサービスからキーと値のペアを削除します:

# キーと値のペアを削除
delete my_key
1
2
  • すべてのデータをクリア

Memcachedサービスからすべてのデータをクリアします:

# すべてのデータをクリア
flush_all
1
2

# その他の操作

詳細なMemcachedコマンド情報については、Memcached公式コマンドリスト (opens new window)を参照してください。

Last Updated: 11/25/2023