# カスタムドメインを管理する

# はじめに

ウェブアプリケーションをローカルで開発する際には、カスタムドメインを追加することがよく必要となります。これにより、ローカル開発が容易になり、プロダクション環境の設定に近づけることができます。

カスタムドメインの管理を簡素化するために、ServBayはバージョンv1.3.4で組み込みDNSサーバーを導入しました。さらに、ServBayを通じて直接/etc/hostsファイルを修正することができ、それはリアルタイムで効果を発揮することができます。

次に、ServBayでカスタムドメインを管理する方法を見てみましょう。

# 組み込みのDNSサーバー(dnsmasq)を有効にする

組み込みのDNSサーバーを使う前に、まずdnsmasqサービスを有効にする必要があります。

Dnsmasq サービスを有効にする

次に、左側のDNSオプションをクリックして、DNS管理機能インターフェースに入ります。

例として、カスタムドメイン:servbay.cloudを追加し、IP:192.168.66.6を指すようにしましょう。

カスタムドメインの追加例

「追加」ボタンをクリックした後、このカスタムドメインのDNS解決がアクティブ化されます。確認してみましょう:

Ping servbay.cloudに対するピング

pingを通じて、私たちが設定したドメイン名解決がすでに有効であることがわかります。

###:/etc/hosts ファイルを修正する

/etc/hosts ファイルを修正することで、カスタムドメイン名の解決も達成することができます。

その使用法は、DNSサーバーの使用方法と似ています:

hostsファイル経由でカスタムドメインを追加

"追加"ボタンをクリックした後、このカスタムドメインのDNS解決が有効になります。確認しましょう:

Ping servbay.rocks

pingを通じて、私たちが設定したドメイン名解決がすでに有効であることがわかります。

# 上流DNSサーバーの設定

ServBayは、上流DNSサーバーを設定することをサポートしています。カスタムドメインでないすべてが、解決のための上流DNSサーバーに送信されます。

通常の状況下では、このオプションを設定する必要はありません。ServBayはシステムのデフォルト設定を自動的に検出します。

アップストリームDNSサーバーの設定

もちろん、上流サーバーを手動で 8.8.8.8 に変更したり、Cloudflareの公開DNSに変更することもできます。

Last Updated: 5/10/2024