# MariaDBデータベース管理

ServBayでは、MariaDBデータベースを効果的に管理するためのさまざまな方法が提供されています。お好みに応じて、phpMyAdminやAdminerなどの組み込みのグラフィカルツールを選択したり、コマンドラインアプローチを取ったりできます。両方のアプローチについて包括的な手順を以下に示します。

まず、データベースのルートユーザー名とパスワードを取得してください。

# データベースのルートパスワードを取得

  1. ServBayを開きます。

  2. 左サイドバーの「設定」に移動します。

  3. 設定ページ内で、「データベースのパスワード」オプションを見つけます。

  4. 対応するデータベースのルートユーザー名とパスワードをコピーします。

# 組み込みのグラフィカルツール

ServBayには、phpMyAdminやAdminerなどのツールが統合されており、データベース管理の直感的なインターフェースが提供されています。これらのツールには次のリンクからアクセスできます。

# phpMyAdmin

  1. ブラウザを開き、phpMyAdmin (opens new window)に移動します。

  2. "Select Server"で適切なMariaDBバージョンを選択します。

  3. MariaDBデータベースのユーザー名とServBayから取得したパスワードを入力し、ログインボタンをクリックします。

  4. phpMyAdminインターフェース内で、以下の操作を実行します:

    • データベースの作成

      • 左サイドバーで「データベース」をクリックします。
      • 新しいデータベース名を入力し、文字セットと照合順序を選択し、「作成」をクリックします。
    • テーブルの作成

      • 選択したデータベース内で「SQL」タブをクリックします。
      • 新しいテーブルを作成するためのSQLコマンドを入力します。たとえば:
        CREATE TABLE your_table_name (
            id INT PRIMARY KEY,
            name VARCHAR(255)
        );
        
        1
        2
        3
        4
        次に、「実行」をクリックします。
    • データのインポート

      • 選択したデータベースで「インポート」をクリックします。
      • インポートするSQLファイルを選択し、「実行」をクリックします。
    • その他の操作: 左サイドバーには、テーブル構造の変更、データのクエリ、レコードの削除などの追加操作があります。

# Adminer

  1. ブラウザを開き、Adminer (opens new window)に移動します。

  2. MariaDBデータベースの接続詳細(ホスト、ユーザー名、ServBayから取得したパスワード)を入力し、ログインボタンをクリックします。

  3. Adminerインターフェース内で、以下の操作を実行します:

    • データベースの作成

      • 左サイドバーで「SQLコマンド」をクリックします。
      • 新しいデータベースを作成するためのSQLコマンドを入力します。たとえば:
         CREATE DATABASE your_database_name;
        
        1
        次に、「実行」をクリックします。
    • テーブルの作成

      • 選択したデータベース内で「テーブルの追加」をクリックします。
      • 新しいテーブルの名前とフィールドを入力し、「保存」をクリックします。
    • データのインポート

      • 選択したデータベースで「インポート」をクリックします。
      • インポートするSQLファイルを選択し、「インポート」をクリックします。
    • その他の操作: 左サイドバーには、テーブル構造の変更、データのクエリ、レコードの削除などの操作があります。

これらの詳細な手順に従うことで、phpMyAdminとAdminerを使用してMariaDBデータベースをシームレスに管理できます。

# コマンドライン管理

コマンドラインでデータベースを管理することを好む場合、ServBayのコマンドラインツールをインストールしてください。インストールの詳細については、コマンドラインサポートのドキュメンテーションを参照してください。コマンドラインツールをインストールしたら、次のコマンドを使用してMariaDBデータベースに接続します。

# ローカルのMariaDBデータベースに接続
mysql -uroot -p
1
2

ServBayのコマンドラインツールを使用してMariaDBデータベースに接続した後、データベース操作のための一般的なSQLステートメントを実行できます。

  • データベースの作成
CREATE DATABASE your_database_name;
1
  • データベースの選択
USE your_database_name;
1
  • テーブルの作成
CREATE TABLE your_table_name (
    id INT PRIMARY KEY,
    name VARCHAR(255),
    age INT
);
1
2
3
4
5
  • データの挿入
INSERT INTO your_table_name (name, age) VALUES ('John', 25);
1
  • データのクエリ
SELECT * FROM your_table_name;
1
  • データの更新
UPDATE your_table_name SET age = 26 WHERE name = 'John';
1
  • データの削除
DELETE FROM your_table_name WHERE name = 'John';
1
  • テーブルの削除
DROP TABLE your_table_name;
1
  • データベースの削除
DROP DATABASE your_database_name;
1
Last Updated: 11/25/2023